ローコスト住宅でマイホームを建てる夢を叶えよう

低価格で購入できる家

家の模型

業者の選び方

ローコスト住宅とは、その名の通り低価格で購入できる家のことです。リフォームを低価格で行うこともさします。通常一軒家を購入すると、3000万円ほどはかかるのが一般的ですが、ローコスト住宅の相場は1000万円台から2000万円台となっています。近年は超ローコスト住宅というさらに低価格の商品もでてきており、すべてこみで1000万円以下で購入できる住宅も登場しています。東京という地価の高い地域でも販売しています。生活の便利さや通勤の都合から東京に家を持ちたいが、予算に余裕がないという人にも人気があります。ローコスト住宅を選ぶときは、なぜローコストで購入できるのかに注目して選ぶ必要があります。低価格で低品質では意味がありません。低価格の理由が仕入れの工夫や、設計費用の無駄を削減したことによるものなど、納得のいく理由なのかどうかをきちんとチェックして選びましょう。東京にはかなりの数の業者が存在するため、すべてを比較検討するのは大変ですが、気になる業者や商品についてはきちんと説明を受け、気になる点はすべて解消してから選択するのが大切です。モデルルームやオープンハウスがあれば積極的に参加し雰囲気や性能をチェックしましょう。また、東京で購入する場合は、その後の人生設計も考慮にいれましょう。ずっと東京に住むのか、子供が独立したら引っ越すのかなども考えてから購入すべきです。ライフプランを明確にしてから選ぶと後悔のない選択ができます。

内観

無駄を省いた住宅

東京では安い価格で住宅を購入できるローコスト住宅が増えており、無駄を省くことで品質を維持しながらコストダウンに繋がっています。ローコスト住宅は住宅にこだわりのある人には向いていませんが、シンプルなデザインで必要な設備は全て揃っているため、予算を抑えたい人に最適です。

家のミニチュア

コストダウンに励む

東京でローコスト住宅を作ることは難しくないので、まずは安いプランを用意している建築会社を探すことが大切です。コストダウンをするためには住宅の形や内装に関してもシンプルなものにすることで、十分に予算を抑えられます。